高分子関連材料

樹脂改質剤

プラスチックをつくる

Accelerator A

イメージ
化学名 N,N-Bis(2-hydroxypropyl)-p-toluidine
CAS RN® 38668-48-3
分子量 223.31

物性

外 観 形状 : 固塊
色 : 微黄色
融 点 76~81℃
溶解性 水 : 0.48g/100ml(25℃)、 0.57g/100ml(50℃)
その他 : 各種有機溶媒に可溶

関連法規・安全性

消防法 -
毒物及び劇物取締法 -
化審法 3-233
安衛法 公表化学物質
変異原性 -
経口毒性 -

TRIAM-705

3官能のビニルモノマーです。各種ビニルモノマーと共重合することにより、架橋構造を有するポリマーを得ることができます。本品の添加量を調節することにより架橋度を自由にコントロールできます。

イメージ
化学名 Triallyl Trimellitate
CAS RN® 2694-54-4
分子量 330.33

物性

外 観 形状 : 液体
色 : 淡黄褐色
融 点 -
溶解性 水 : 不溶
その他 : 殆どの有機溶剤に可溶

関連法規・安全性

消防法 危険物第四類第四石油類(非水溶性液体)
毒物及び劇物取締法 -
化審法 3-1367
安衛法 公表化学物質
変異原性 -
経口毒性(LD50 ラット 1.8g/kg

TRIAM-100

本品は反応性の酸化防止剤であり、プラスチックや合成樹脂並びに、潤滑剤等への添加剤として利用できます。
本品の反応性を利用することにより揮発せず有機溶媒等に抽出されない酸化防止剤として使用することができます。
又、本品を出発原料として更に付加価値の高い添加剤を合成することができます。

イメージ
化学名 4-Ally-2,6-di-tert-butylphenol
CAS RN® 13677-69-5
分子量 246.39

物性

外 観 形状 : 液体
色 : 淡黄色澄明
融 点 -
溶解性 水 : 不溶
その他 : 各種有機溶剤に可溶

関連法規・安全性

消防法 危険物第四類第三石油類(非水溶性液体)
毒物及び劇物取締法 -
化審法 3-540
安衛法 公表化学物質
変異原性 -
経口毒性 -

TRIAM-507

2官能のビニルモノマーです。各種ビニルモノマーと共重合することにより、架橋構造を有するポリマーを得ることができます。本品の添加量を調節することにより架橋度を自由にコントロールできます。親水性と親油性を兼ね備えた両性モノマーですので、応用範囲は水性ポリマー、油性ポリマーを問いません。

イメージ
化学名 N, N' -Methylenebis(acrylamide)
CAS RN® 110-26-9
分子量 154.17

物性

外 観 形状 : 結晶~結晶性粉末
色 : ほとんど白色
融 点 185℃(分解)
溶解性 水 : 3.5g/100g:30℃
その他 : メタノール 8.2g/100g:30℃、エタノール 5.4g/100g:30℃

関連法規・安全性

消防法 -
毒物及び劇物取締法 -
化審法 2-1020
安衛法 公表化学物質
変異原性 1) dlt-mus-ipr 225 mg/kg mmo-sat 1 mg/plate (-S9) s
ln-dmg-orl 600 ppm trn-mus-ipr 450 mg/kg/5D-C
経口毒性(LD50 ラット 390mg/kg マウス 380mg/kg

⇒水溶性多官能アクリルアミドはこちら

TRIAM-605

イメージ
化学名 Diallyl chlorendate
CAS RN® 3232-62-0
分子量 468.96

物性

外 観 形状:液体
色:無色~淡黄色
融 点 -
溶解性 水 : 不溶
その他 : ベンゼン、メタノールに易溶

関連法規・安全性

消防法 危険物第四類第四石油類(非水溶性液体)
毒物及び劇物取締法 -
化審法 4-622
安衛法 公表化学物質
変異原性 -
経口毒性 -

TRIAM-805

4官能のビニルモノマーです。各種ビニルモノマーと共重合することにより、架橋構造を有するポリマーを得ることができます。本品の添加量を調節することにより架橋度を自由にコントロールできます。

イメージ
化学名 Tetraallyl Pyromellitate
CAS RN® 13360-98-0
分子量 414.41

物性

外 観 形状 : 粘調液体
色 : 淡黄色
融 点 -
溶解性 水 : 不溶
その他 : その他:ジメチルスルホキシド、アセトン、エタノールに混和

関連法規・安全性

消防法 危険物第四類第四石油類(非水溶性液体)
毒物及び劇物取締法 -
化審法 告示されていない
安衛法 4-(7)-2621
変異原性 -
経口毒性 -