高分子関連材料

WPBG-027

光塩基発生剤

光照射で発生 ピペリジン ガスなし

プラスチックをつくる

光でかためる

  • 光照射により、弱塩基であるピペリジンが発生します。
  • 光分解の際にガスが発生しません。
  • 各種モノマー中で高い熱安定性を示します。
  • フェノール性水酸基を有するため、強アルカリに可溶です。
イメージ
化学名 (E)-1-Piperidino-3-(2-hydroxyphenyl)-2-propen-1-one
CAS RN® 1203424-93-4
分子量 231.29

物性

外 観 形状:結晶性粉末~塊
色:白色
融 点 232℃
吸収特性 271nm(ε=13579)
254nm(ε=8684)
365nm(ε=35)
405nm(ε=2)
TG-DTA 220℃にて重量減少開始
溶解性 (g/solv. 100 g)
  • NMP8
  • GBL<0.5
  • PGMEA<0.5
  • アセトン<0.5
  • 乳酸エチル<0.5
  • PGME<0.5
  • メタノール<0.5
  • H2O<0.5

UV(0.02 mg/mL in CH3CN)

イメージ

極大吸収
271 nm(ε=13500) 254 nm(ε=8700) 365 nm(ε=35)

関連法規・安全性

消防法 -
毒物及び劇物取締法 -
化審法 告示されていない
安衛法 告示されていない

塩基発生機構

イメージ

参考文献

K. Arimitsu., et al., Polymer Preprints, Japan, 2007, 56, 4263.