高分子関連材料

WPBG-140

光塩基発生剤

光照射で発生 イミダゾール 吸収帯 長波長領域

プラスチックをつくる

光でかためる

  • 350 nm付近まで吸収領域を有しています。
  • 光照射により、求核性の高い塩基であるイミダゾールとラジカルが発生します。
イメージ
化学名 1-(anthraquinon-2-yl)ethyl imidazole-1-carboxylate
CAS RN® 1418139-51-1
分子量 346.34

物性

外 観 形状:粉末~塊
色:うすい黄色
融 点 124℃
吸収特性 253nm(ε=61414)
254nm(ε=61156)
365nm(ε=385)
405nm(ε=181)
TG-DTA 166℃にて重量減少開始
溶解性 (g/solv. 100 g)
  • NMP14
  • GBL11
  • PGMEA1
  • アセトン<0.5
  • 乳酸エチル5
  • PGME1
  • メタノール1
  • H2O<0.5

UV(0.02 mg/mL in CH3CN)

イメージ

極大吸収
253 nm(ε=61400) 254 nm(ε=61200) 365 nm(ε=390)

関連法規・安全性

消防法 -
毒物及び劇物取締法 -
化審法 告示されていない
安衛法 告示されていない