高分子関連材料

WPI-124

光カチオン開始剤

プラスチックをつくる

光でかためる

  • アンチモンのような重金属を含まないため毒性が低減されています。
  • 六フッ化アンチモン酸とほぼ同等の高い硬化性能を示します
  • 水分の影響でフッ化水素を発生する恐れがないため金属腐食を抑えることができます。
イメージ
化学名 Bis[4-n-alkyl(C10~13)phenyl]iodonium tetrakispentafluorophenylborate
CAS RN® 210290-42-9(n=12)
分子量 1296.79(n=12)

物性

形 態 50%炭酸プロピレン溶液
外 観 形状:液体
色:褐色
吸収特性 234 nm (ε = 299840)

UV

イメージ
※増感剤を併用することで長波長領域にも感光性を示します。

溶解性

PGMEA >50%
酢酸エチル >50%
アセトン >50%
メタノール >50%
H2O ×

[単位 : w.t/100mL,20℃]※溶液状態ではなく化合物単独の値です。

関連法規・安全性

消防法 危険物第四類第三石油類(非水溶性液体)(炭酸プロピレン)
毒物及び劇物取締法 非該当
化審法

■ビス[4- (アルキルC10~C13)フェニル]ヨードニウム : 3-4425

■テトラキスペンタフルオロフェニルホウ酸塩: 3-4390

安衛法 既存扱い
変異原性 -
経口毒性(LD50 29,000mg/kg(経口ラット)(炭酸プロピレン)