高分子関連材料

アゾ重合開始剤の使用例

アゾ重合開始剤は熱や光で開裂し、ポリマー合成・有機合成の触媒や発泡剤として使用されております。

ポリマー合成

スチレンのラジカル重合

イメージ

アクリル酸エステルのラジカル重合

イメージ

スチレンとアクリル酸エステルとの共重合

イメージ

有機合成の触媒

オレフィンへの付加反応

オレフィンへのHBr、H2S等の付加反応にアゾ重合開始剤を用いることができます。特にスチレン類を用いたものは、β位に臭素、メルカプト基を選択的に導入できます。

イメージ

光延反応※1

アゾ化合物※2は光延反応試薬としても使用できます。

イメージ
※1 光延反応:アルコールのヒドロキシル基をアゾカルボン酸エステルとトリフェニルホスフィンで活性化して行うSN2(反応)
※2 アゾ化合物:アゾジカルボン酸ビス(2- メトキシエチル)等

発泡剤

アゾ重合開始剤は、窒素ガスを発生する特性を活かし塩化ビニルをはじめその他プラスチックの発泡剤としても使われております。