高分子関連材料

V-601

油溶性アゾ重合開始剤

非ニトリル油溶性

プラスチックをつくる

光でかためる

V-601はAIBNとほぼ同等の重合活性を示しながら、その種々の欠点である分解物の毒性、各溶媒への溶解性を改良したニトリル基フリーの油溶性アゾ重合開始剤です。分解生成物は揮発性が他に比べて高いため、ポリマー製造過程において除去が可能です。非ニトリル性のため、重合したポリマーの透明性が良好であり、半導体やLCD用の原料としての効果が期待されます。

  • 非ニトリルAIBN代替アゾ重合開始剤
  • 各種有機溶媒に易溶、ハイソリッド塗料用途にも対応
  • AIBNと同等の重合活性を持ち、アルコール系溶媒中では重合効率が上がる
  • 10時間半減期温度、66℃
イメージ
化学名 Dimethyl 2,2'-azobis(2-methylpropionate)
CAS RN® 2589-57-3
分子量 230.26

物性

外 観 微黄色~淡黄色のフレーク
融 点 22~28℃
10時間半減期温度 66℃(トルエン)
活性化エネルギー 131.2 kJ/mol K
頻度因子(ln A) 35.67
溶解性

水:不溶。

ベンゼン、エタノール、N,N-ジメチルホルムアミド、ジオキサン、DMSO:易溶。

メタノール、トルエン、クロロホルム、ヘキサン:可溶。

SADT 35℃
毒性(LD50 >527 mg/kg(経口ラット)

荷姿・保存条件

荷姿 10kg : ダンボール / 500g : 紙箱
保存条件 15℃ 以下で保存してください

関連法規・安全性

毒劇法 非該当
消防法 第五類アゾ化合物第二種自己反応性物質
化審法 2-1243
安衛法 公表化学物質
TSCA SNUR(Significant New Use Rules)
EINECS 219-976-6

分解生成物の揮発性

V-601の分解生成物はAIBNのそれよりも揮発しやすい性質を持っております。また、V-601分解生成物は水と共沸しますので、反応後系中から安易に除去することができます。

  • V-601分解生成物の沸点:85~95℃(5mmHg)
  • V-601分解生成物の水との共沸温度:90℃

一方でV-40の分解生成物は殆どなく、塗料などの用途が期待されます。

イメージ